土地・建物契約のためのロードマップと家の設計その2

前回書いた候補地で契約を進めるべくBESS展示場で担当の方と不動産屋さんと三者面談をして、確認作業を行いました。この土地が売りに出された経緯、敷地内にある小さな問題について説明を受けました。いずれも納得が出来たので申込書類にサインをし、以後契約の作業を進めることにしました。
画像

具体的には約1週間後に土地の契約と住宅ローン本審査申込を、2週間後には住宅の契約をします。3週間後には住宅ローンの審査が通っており、ローンの契約をするという段取りです。にわかに動き始めました。

画像

並行して住宅の設計を完成させていきます。2階についてはエアコンの設置場所、テレビ端子の場所、壁材、天窓の詳細、そして2つの子供部屋の収納の詳細だけでした。下の写真は2階ロフト部分の天井で、シーリングファンと照明をチェックした時のものです。いずれもシンプルなデザインが良いようです。

画像

1階部分ですが、INAX社製温水洗浄便座付きトイレ、同じくINAX社製フルユニットバス、洗面所、寝室にはカスタマイズの必要はなさそうでした。

画像

給湯器は標準ではガス給湯ですが、リフォーム会社をしている義父・Masajiさんの力を借りてオール電化、エコキュートのシステムをかなり安い値段(秘密)で入れます。

画像

キッチンが大問題で、標準のキッチンはMasakoにとっては随分物足りないようです。標準のサンウェーブ製キッチンのカスタマイズ、Masajiさん経由で長府製で揃える、高くなるけどIKEAキッチンを入れる、の3択でカタログを取り寄せて検討を重ねまして......

画像

色々考えた結果、頑張ってIKEAキッチンを入れることにしました。一つ目のポイントは食洗機。国内のものは幅45cmのものしかありません。ピッツバーグ時代、アパートにあったのは60cm超。これに近いものはIKEAのみが扱っています。下の写真はIKEAの食洗機です。

画像

次のポイントはオーブン。パンやピザを焼く場合、確実に250℃まで温度が上がるものが必要です。困ったことに目盛り通りの温度に上がってくれないオーブンも多いのだとか。庫内の広さを少し我慢すれば日立製ビルドインオーブン、MUMSIG CO201(最高300℃)という機種があり、IKEAキッチンに付けられます。

画像

上に載せるIH調理器も日立製にして、Masajiさん経由で入手すればIKEAで頼むより格上の品が同程度の価格で(秘密)付けられます。その他、水栓、浄水器、収納の詳細をIKEAで詰めていきました。

画像

3つめのポイントはカウンター(作業台)です。標準でもカウンターが設置されていますが、木の天板では料理の作業台にはなりません。よってカウンターもIKEAのものにして人工大理石の天板にすることにしました。

以上が1階部分のカスタマイズの概要です。屋外部分はウッドデッキを5×2mで出すことくらいです。建物についてはほぼ固まってきました。

この記事へのコメント

sachiko
2013年01月22日 06:05
マイホーム計画着実に進んでますね~。かなりおしゃれな家になりますね。うらやましい~!特に台所。
2013年01月22日 17:50
sachikoさん福岡市から東方向の郊外です。建つのはそれでも年末になると思います。建ったら遊びに来ませんか?
sachiko
2013年01月22日 21:17
ぜひ!
よろしくお願いします♪

この記事へのトラックバック