短期契約でアパートを借りる

Taichiの新幹線好きにも困ったもので、家に居ると何度も新幹線を(ネット動画で)見せてと言います。ヤツを満足させるため、最近は博多駅で本物を見せるようにしています。写真はかなりレアものですが、ドクターイエロー(新幹線電気軌道総合試験車)です。

画像

さて、土地は決まったので、自動的に子供達の学校区も決まりました。ログ材を中心とするキットの発注もしてもらったし、解体工事が終わるまで決めごとはありません。工事の進捗とまだ決まっていない外構、照明器具等については別の記事で触れます。

画像

建物の引き渡しが今年の12月、そこで引っ越す場合、Ayakaが新しい学校に行くのが2年生の3学期になってしまいます。なるべく早く、出来れば2年生の新学期から、新しい学校、友達、子供会など地域に入れてあげたい。転校をしたことがない親として、そんな思いが強くなってきました。

画像

そこで、次の校区内にアパートを借りることにしました。10ヶ月の短期契約で、最低限必要なものを移動させ、新居でそのまま使うものを買い足していく予定です。

画像

今回の土地でお世話になった不動産屋さんにそのまま近くの2DKを探してもらいました。短期契約が可能な物件は3件、そのうち小学校から一番遠いものと、一番近いけど強烈にボロかった2件はやめて、あるアパートに決めました。狭めの2DKですが、物は増えないのでまあいいか。

画像

小学校までは少し距離があるけど、西鉄の駅も近く、それなりに便利そう。エアコンもウォシュレットも付いている。なにより美味しいパン屋さんが近所にあるではないか。これにはMasakoもノリノリです。

画像

また沢山の契約書類にサインしました。10ヶ月間という本当の「仮の住まい」で、ここからマイホームの建設現場に何度も足を運ぶことになるでしょう。この「第一次引っ越し」は3月中旬の予定です。

この記事へのコメント

sachiko
2013年02月25日 12:22
いよいよ、軌道にのってきましたねー。マイホーム、いいですね~。夢が膨らみますよね。そういえば、膨らみました、23年ほど前に。工程がたのしみですね
2013年02月26日 11:28
sachikoさん、年齢からして自分にとっては最初で最後のチャンスだと思います(留学の時にもそう書いたような)から、工程もですが、色々大変なことも楽しみたいと思います。

この記事へのトラックバック