筑後川くるめ菜の花マラソン

ハーフマラソン初挑戦となります。ピッツバーグで一度出ようとしたけど出られず、練習で一度ハーフの距離は走ったことがありますが、レースに出るのは初めてです。果たしてどうなるか?

画像

レースは筑後川くるめ菜の花マラソン、ハーフの部は参加1200名という大会です。会場は筑後川河川敷で、サイクリングロードを往復するという何とも単調なコース。

画像

3kmの部や5kmの部などもあって、ハーフは11時30分スタートでした。朝食にバナナ1本とグレープフルーツジュースを2杯を摂り、のんびりと西鉄電車で現地へ向かいました。

画像

菜の花は満開とはいかないものの、結構咲いていました。もう春やな~と思いつつその時を待ちます。

画像

コースが狭いため、スタート時の密集状態が1km以上続き、オーバーペースが抑えられるという、自分にとっては良い条件でレースが始まりました。

予定では10kmまでの平均をキロ6分台後半、最初の10kmを1時間6分で予定通り通過し、後半をキロ7分台前半で我慢して2時間30分を目指すというものでした。

画像

確かに最初の12kmまではほぼその通りに進んでいました(Runkeeper Proの記録)。但し、ピッツ以来ハーフの距離は走らずじまいで、練習でも最長が13kmでした。これがこの後の悲劇を招くことになります。

画像

13kmくらいから足が重くなり、それでも我慢していましたが、14km過ぎから両ふくらはぎがつり始め、ここで初めて歩きました。休んで再び走り始めるもすぐにつって、両大腿までつりはじめて走れなくなってしまいました。後半はほぼ歩いたようなラップになっているのが分かります。

画像

練習不足が一番で、あとは当日に体調を合わせられなかったこと、そしてレース中の脱水状態と分析しています。朝食に塩気がなく、軽い空腹状態でスタートしてしまったことや、給水所が意外に少ないことを事前に確認していなかったことは当日の反省点です。

画像

3度目の給水でコップを2つ取ったものの既に遅し。タイムは目標より大幅に遅い2時間45分35秒の「大敗」です。次は頑張って2時間30分台に収めたいと思います。

この記事へのコメント

kozakura
2013年04月03日 09:55
マラソンお疲れ様でした。私もハーフに出たことがあります。北九州空港ができた時の記念レースでした。
完走することができて感動して涙がでたことを思い出しました。
2013年04月05日 11:49
kozakuraさん、こっちは惨敗感たっぷりの悔し涙(?)です。多少歩いてしまうにしてももっと自分をコントロールしたいですね。次のハーフは未定です。

この記事へのトラックバック