巌流島リレーマラソン

第1回巌流島リレーマラソンなるものがありまして、チームを作って参加してみました。ピッツバーグマラソンリレーと同様、チームで走るのは、個人で出場するのとは違って連帯感が湧いて楽しいものです。

画像

舞台となったのは「決闘の聖地、巌流島」、この小さな島の1周1.5kmのコースを28周+0.195kmでフルマラソンの距離になるというものです。制限時間が厳しくて4時間、これを過ぎて走っても良いですが、公式記録が残らないという。これは大変です。

画像

北九州のN君に声をかけてチーム編成をしました。メンバーの選択基準は「北九州市にゆかりのある人」、僕の子供の頃の生活圏は黒崎で、高校も北九州です。

画像

集まったメンバーで出走順を決めました。順番を決めて、当初は3km、3km、1.5kmの3本を走る人が4人、3km、1.5km、1.5kmの3本の人が2人で合計28周になる、という計算でした。分割した方が同じ距離でも速く走れますからね。

画像

島に渡る船が小さいので、チームによって受付時間、島に渡る時間帯が決まっていました。その順番が早かったので、渡ってからが長い。だから待ちきれず乾杯?!大丈夫です。ノンアルコールですから。

画像

開会式を経て午前11時にスタート。我がチームの出走順と第1ローテーションの距離は以下の通りです。1週間前の練習で左ふくらはぎを故障した自分のみが1.5km、他の人は3.0kmずつでスタートという作戦でした。ところが....

1走 Nakamura H 3.195km
2走 Fujisaki K   3.0km
3走 Masutani K  1.5km
4走 Haruyama N  3.0km
5走 Tanaka S   3.0km → 1.5kmへ変更
6走 Yoshida T   3.0km

画像

スタートしてみると恐ろしくペースが速く、高校生、大学生、そして社会人チームみたいな人達が先頭を引っ張っていました。自分は最初の1.5kmを無難に走りましたが、気温も上がってきて1度に2周はキツイということになり、Sゲル君の最初も1.5kmにして、第2ローテーションからは全員が1周(1.5km)ずつ走っていくことにしました。

画像

第1ローテーション(15.195km)終了時点で、目標が1時間25分以内、実際のタイムは1時間10分58秒!14分の貯金が出来ました。続く第2・第3ローテーションは

7走、13走  Nakamura H  1.5km
8走、14走  Fujisaki K   1.5km
9走、15走  Masutani K  1.5km
10走、16走  Haruyama N  1.5km
11走、17走  Tanaka S   1.5km
12走、18走  Yoshida T   1.5km   としました。

画像

第2ローテーション終了時点で貯金23分、第3ローテーション終了時には31分の貯金となりました。4時間切りどころか3時間半切りに向け視界は良好です。

画像

第4ローテーション、さすがに皆さん疲れが貯まってきて、Sゲル君はギブアップ。次は期待してるぞ、本番に合わせて体を絞って来てくれ!ということで、最終ローテは最初1周少なかった自分が2回走ることにしました。

19走 Nakamura H  1.5km
20走 Fujisaki K    1.5km
21走 Masutani K   1.5km
22走 Haruyama N  1.5km
23走 Yoshida T    1.5km
24走 Masutani K   1.5km

画像

最終のタイムは3時間17分14秒、目標を大幅に上回る記録となりました。走り終わった後は温泉と下関駅の近くでふぐ料理を頂いて帰りました。普段は仕事の話ばかりになる先輩や後輩と楽しく過ごした1日でした。下の動画はこのレースのダイジェストムービーです。

この記事へのコメント

sachiko
2013年05月08日 06:11
楽しそう!!巌流島でリレーなんて!お疲れ様でした。リレーマラソンって速いスピードの人たちが多いですよね。今年はリレーに出てないのですごく物たりない感が強いです
2013年05月09日 21:55
sachikoさん、楽しかったですよ。第1回なので全然情報がなかったですが、トイレ問題を除けばとても良い大会でした。
 ちなみにトイレは島に一つしかなく、運べないのか仮設トイレがないため長蛇の列、そして水が出なくなり....女性の方は大変そうでしたよ。

この記事へのトラックバック