ハムスターがやってきた

少し前のことですが、我が家でハムスターを飼うことにしました。子供たちに動物の面倒を見ること、命の大切さを教えるのにはちょうど良いと思いまして。

画像

鳴かないし、室内で飼えて、しかも可愛いい、それがハムスター。まずは本を買って飼い方を少し予習しておいて、次にケージを買いに行きました。今のケージは開口部が大きくて、中もよく見えます。

画像

ジャンガリアンハムスターが警戒心が強くなくて、手に乗ってくるので良いかと思い、ジャンガリアン狙いでP2へ行くと、ちょっと太ってた子が1匹だけいました。子供たちもこの子がいい、というので迷わず我が家に迎えました。

画像

昔飼っていた時の経験から、種子類はあまり与えず、写真のように野菜中心の生活をしてもらってます。自分もこうでないといけないのでしょうか?

画像

ケージに慣れてもらうため、しばらくは餌を入れる以外はそっとしておきました。性格はまさしくジャンガリアンで、警戒してチッと鳴いていたのも数日だけで、以後はこの通り昼間は寝顔をさらけ出しています。

画像

夜はちゃんと運動をしているようで安心しました。もう餌をちらつかせると手に乗ってきます。

画像

最近の床材には尿を吸収してしかも臭わない素晴らしいものがあります。夏場もあまり気になりませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック