外構工事も終わり、自宅ログハウス完成です!

自宅ログハウス建築の最終回は外構工事になります。12月に入居見込みで庭創さんと打ち合わせはしていたものの、きちんと契約を交わすのを忘れていたため、先方も動けず。よって引っ越し当初は更地の上に家だけ建ってる状態。誰かが勝手にうちの土地で車を切り返したりしています。

画像

資材の到着を待って、年が明けての工事開始となりました。元の土地に対して高めに家が建てられており、まずは地面の高さを合わせること、そしてブロック塀の設置から始まりました。

画像

今の法律ではブロックは5個分までしか建てられません。よって昔のような高いブロック塀はどんどん消えています。防犯という意味では心配です。外部の者が侵入することを躊躇する塀の高さは一般に1m20㎝と言われているそうです。それを超える高さは確保したいと思いました。

画像

上の写真のように枕木を等間隔に立て、間に低木で生垣を作ってもらいました。これが将来もう少し高さが伸びる予定です。これで周囲との境界線が出来ました。

画像

次はガレージ、雨風や直射日光をある程度遮りたいので標準的なガレージで2台の車をカバーすることにしました。床のコンクリートが固まるまで使えないエリアができるので、数日間職場に車を置いて電車通勤する日々がありましたが、その時期を経て完成。車上荒らし対策として人感センサー付きライトを設置しました。

画像

ウッドデッキに繋がる正面の庭には芝生を貼り、子供たちが座ったり転がったりできるようにしました。春から芝刈りが大変でしょうね。裏庭にはMasajiさんが廃材を使って砂場を作ってくれました。エアコン、IHクッキング、エコキュートにガレージまで、マイホームの色んな所でMasajiさんにはお世話になりました。

画像

遅れていた門も到着して、残るは表札のみとなりましたが、99.9%完成型です。多くの方々にお世話になり、念願のマイホームが建ちました。子育てや地域の活動など、しっかり腰を据えて、この地で生きていこうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック