新たな土地の情報と家の設計その1

残念ながら流れてしまった土地の話ですが、別の場所に候補地が見つかっています。やはり福岡市を出た某自治体、福岡市のベッドタウンとして開発が進んでいる街です。

坪単価は前回より少し安いですが、面積が広いため土地全体の値段はほぼ同じ。既に建っている家の解体費用が今回もかかります。依然として予算ギリギリです。

画像

気になる自分の通勤ですが、月曜の朝に実走してみたところ、渋滞がキツイものの、勤務先まで福岡都市高速を利用して43分。高速の出口など、コースにはまだ検討の余地がありますが、一応通勤圏内と考えました。何より小学校と中学校がともに徒歩3分、小児科医院が2分、歯科医院が5分と子育てには絶好の位置。

画像

これまでも鉄道を重視してきましたが、今回もJR某駅まで徒歩7分なので子供の塾通いや高校通学まで便利、パパもお酒を飲む日はJRで通勤できます。平地で地型は前回の縦長からほぼ正方形へ。これは頑張ってみたい。

画像

BESS側から見ても好物件らしく、既にその土地を扱う不動産屋と値引き交渉が始まっています。また、役所に問い合わせをしてもらって、他に費用がかかる問題がないか確認中です。

家の詳細も並行して詰めています。上の図は2階平面図(クリックで拡大)。

画像

モデルルームの写真を使って具体的に紹介します。平面図で左上に位置する部屋は標準でドーマーがついていて元からこんな感じ。ここはAyakaの勉強部屋にする予定です。

画像

右上の部屋は天窓があってロフト感のある部屋ですが、屋根が大きく傾斜しているので有効な面積としては狭いです。このままでは将来Taichiの部屋にできないのでここにドーマーを増設し、子供部屋として使えるようにします(約40万円追加)。

画像

平面図の右下は吹き抜けでこんな感じ。薪ストーブは子供が小さいので付けず、煙突工事と床のタイルのみ準備し(約15万円追加)、将来の夢として残しておきます。左下は天井=屋根が大きく傾斜したロフト部分で、2階リビングとして私が主に使います。

画像

写真では我が家の悪者に占領されていますが、テレパソ(テレビ機能付きパソコン)やオーディオ機器を置くなど、我が家の情報中枢=戦闘指揮所(Combat Information Center, CIC)になるのだ!

画像

平面図の下方向にベランダがあって、このドアから出られます。以上、2階部分のアレンジにあまり迷いはありません。問題は1階、特に給湯とキッチン関係が頭痛のタネです。

(家の設計その2へ続く)

"新たな土地の情報と家の設計その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント