家庭菜園を作る

これまでのアパート、マンション暮らしと決定的に違うのは「地面があること」。これを生かさない手はないので、菜園作りを始めました。本を買って土作りから勉強を開始。

画像

その目で我が家を見てみると、外構工事が終わった庭は土は固く、掘れば石が沢山出てくる.... とても野菜が育ちそうにはありません。そこで「レイズドベッド」方式にすることにしました。

画像

近くにホームセンターがあるので、そこで180cm×20cmの板を8枚、杭を8本買ってきて、レイズドベッドの枠を作成しました。板には防腐用の塗料を塗り、枠内の地面を10cm程耕しました。これで日曜の午前を2回費やしました。この作業、結構大変でした。

画像

1.8m×1.8m、つまり1坪の菜園が2つできるわけで、この中の土が問題となります。正しくは赤玉土、堆肥、腐葉土、苦土石灰、化成肥料で作るのですが、義父Masajiさんが土を分けてくれたので前3者は省略し、買ってきた苦土石灰と化成肥料をまき、2週間寝かせました。

画像

同じくホームセンターでマトを品種を違えて4株、キュウリを2株、トウモロコシを4株買ってきて、トマトとキュウリについては支柱を立てました。これで菜園の一つが完成し、栽培も始まりました。

画像

となりの菜園は少し遅れて土を入れていき、8-9月に栽培を始める野菜、大根、白菜、キャベツなどを育てようと思います。

"家庭菜園を作る" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント